ニューヨークで借金して引越しをしました

私は長年ニューヨークに住んでいたのですが、同じマンションに10年以上住むと、ニューヨーク市の法律で、家主が好きなだけ家賃を値上げしていい、ということになっていて、急激に家賃が高くなりました。
私は胃潰瘍で胃の切除手術を受けた後で、まともに仕事ができないような状態が続いていて、家賃を払うのが難しくなりました。
それで、それまで住んでいた1LDKの部屋を出て、同じマンションのスタジオに引っ越すことにしたのです。その方が家賃が月々500ドルくらい安かったのです。
それで、新しい部屋に引っ越すためには、銀行の口座に2ヶ月分の預金がなければ引越しをすることができませんでした。
そこで、私は東京に住む高校からの親友に電話して、お金を貸してもらうように頼みました。全部で4000ドルくらいで、銀行を通して送金すると手数料がすごく高かったので、EMSでキャッシュを送ってもらうことにしました。100ドル紙幣で4000ドル分がEMSで送られてきました。そして、私はその借りたお金を銀行の口座に入れて、マンションのレンタルオフィスの人に2ヶ月分の預金があることを証明することができて、私は無事に引っ越すことができたのです。
借りていたお金はまだ完全に返済できていませんが、友達はあまり気にしていないようです。

借金は必ずしも悪い事ではない

できればしない方がいい借金ですけど、場合によってはした方がいいケースもあるでしょう。例えば新しくビジネスを始めるという時に十分な資金が揃ってからという風なやり方をすると、時間が掛かってしまいます。場合によっては10年とか20年以上掛かる事もあるかも知れません。この様な時は借金をして時間を節約するという事が有効になると思います。もちろん後で返せる見込みがなければいけませんが、その条件さえ満たしていれば早い内に借金をした方がお得なはずです。

でも今の人達というのは借金はいけないものだという風に刷り込まれていますから、中々この様な発想ができないかも知れませんね。そうなると貴重な機会を失っているという事になって大きな損失となってしまいます。実は今、銀行というのはお金が非常に余っているんだそうです。だとすれば皆さんが借りてあげるくらいのつもりになるべきではないでしょうか。多少の利息をオマケという事でプレゼントしてあげれば良いのです。

その代わり、お金を貯めるための時間を節約する事ができます。総合的なメリット、デメリットを比較してみると圧倒的にメリットが大きいと言えるのです。さぁ皆さんも借金してみたくなったのではないでしょうか?

借金生活から抜け出す方法

1度嵌まってしまうとなかなか抜け出せないのが借金です。借金の返済をするために、別の貸金業者から借金するのでは堂々巡りです。1人で解決するのは困難と考えた方がいいでしょう。自分で解決するのは不可能、そう自覚したときに利用すると便利なのが債務整理です。
債務整理は法律に則った返済方法です。弁護士や司法書士、裁判所などを通じて返済を進めていくことになります。債務整理の種類は大きく4つに分類されています。そのひとつが任意整理です。任意整理は弁護士、司法書士のどちらかに依頼して手続きを行います。裁判所を利用しないですむぶん、他の種類よりも気楽に頼ることができます。特定調停は簡易裁判所に申請します。任意整理の手続きに裁判所を加えたようなイメージです。申請対象者は支払い不能に陥る可能性がある人です。個人再生は地方裁判所で手続きを行います。弁護士のフォローが必須です。債務を大幅に減額させることができます。最後の手段が自己破産です。全ての借金が帳消しになります。その代わり、財産の没収や資格取り消しなど私生活においてさまざま制限が設けられます。
債務整理の他に、もうひとつ借金に関して押えておきたいのが過払い金請求です。これは支払いすぎた利息分を貸金業者から取り戻すことができます。

借金の主な怖い一面とは

借金には、色々と怖い一面があります。
とにかく注意すべきは、遅延ですね。支払い期日だけは、決して遅れるべきではないでしょう。それは様々な弊害があるからです。
まず、遅延損害金ですね。金融会社から借りるとなると、もちろん金利が発生する事になりますが、それが高めになってしまうのです。普段は18%などに、支援になると20%前後となってしまいます。
それと、金融会社からの取立てです。冒頭で申し上げた怖い一面というのは、まさにここですね。
金融会社からの取り立ては、まず電話から始まります。とりあえずはソフトな口調で電話がかかってきて、締め切りまでに支払って下さいと言われるのです。
ところが問題は、その期日に間に合わなかった時ですね。金融会社の担当の方が、自宅まで訪問に来てしまう事があります。それでちょっと怖い思いをするケースもあるので、気をつけた方が良い訳ですね。
それと何より怖いのが、親戚などにその事実が発覚した時です。自分の知り合いに借金の事実が広まった時ほど、怖いものはありません。かなりネガティブな気持ちになってしまう事だけは確実です。
借金には、このように怖い一面があるので、とにかく支払いの遅れが生じないよう気をつけたいものですね。

内緒で借金したい初心者はネット完結で申し込みできる大手の金融業者の利用がお勧め!

借金するという事は、一般的に悪いイメージを抱きがちですが、給料日までの生活費が足りなくて止む無く借りざるを得ないという人は結構多いでしょう。
借金するなら周囲に内密にしたいという人が大半でしょうから、そんな時は来店不要で審査回答もメールや封書でしてくれるキャッシング会社を選ぶのが妥当です。
中でも、融資審査の際に必須となる在籍確認を受ける必要が無く、キャッシングカードも維持しなくていいのが大手銀行傘下のモビットという消費者金融です。
勿論契約書や明細書が自宅に送られてくる事がないですし、審査申し込みもインターネットで全て手続きできるので、家族や友人に借金の真実を隠したまま借入する事ができます。
但しモビットで在籍確認なしで借金契約したい場合は、社会保険証を提示できて三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を所有している社会人のみになっており、パートやフリーターの場合は他の会社と同様の通常のカード審査に通る事が必要です。
ちなみに初めて業者を通して借金する初心者の場合は、やはりモビットやプロミス、みずほ銀行のような名の通った大手会社から融資を受けるほうが信頼できますし、即日融資や返済方法が多種類あるなど得する顧客サービスも満載なのでお勧めです。
もし、誰にもバレずにこっそり借金したい場合は、なるべく審査が簡潔でインターネット手続きが主体の業者を探すようにしましょう。

借金の審査は独身でも有利になる場合がある

消費者金融などでお金を借りることがあるかもしれませんが、そのときには結婚しているか?していないか?というのが1つ基準にもなります。
これはどちらが有利なのか?というと、一般的には結婚している人の方が審査には通りやすいとされています。
それは守るべき家庭があれば仕事が嫌になっても辞めづらいし、それによって給料が貰えなくなるというケースが考えづらいから。といった理由があるためです。
消費者金融にとっては返済のための給料がちゃんと毎月得られるというのが信用にもなるので、そういった理由で結婚をしている人の方が、返済に使えるお金が途絶えづらいという見方になるのです。
でも、必ずしも結婚している人の方が消費者金融にとって望ましいか?というとそうではないのです。
結婚していると、していない人と比べてもお金がかかりやすくなるということが言えます。
当然、家庭を持っているので、奥さんや子供にお金がかかりますから、お給料のうち、そういった部分にかかってしまう金額を除いた部分が返済に使えることになるためです。
独身の人は、自由に使える金額が多いということになりますから、返済に回せるお金も増えるということから、独身の方が審査に通りやすい消費者金融も中にはあるはずです。

大学を留年して親に借金

大学生になったとき、初めて親元を離れて、地元から遠く離れたところで一人暮らしをしていました。不慣れながらになんとかやっていたんですが、大学の2回生になった頃、急に大学へ行けなくなってしまったんです。自分なりに頑張っていたつもりでしたが、なんだか無理をしていたらしく、ついには胃を壊して入院することになりました。それがちょうど大学の冬の試験のとき。必修の講義の単位をことごとく落とした結果、留年することになってしまいました。親にその話をするときといったら、せっかく退院したのにまた入院したくなるほど胃が痛い体験でした。
結果として留年は仕方がないということになりましたが、1年余分な分の学費は私の親に対する借金ということになりました。親には親のお金の計画がありますよね。もう1年分大学の学費を出すような余裕はないから、就職してからでも良いから返してくれと言われました。
決して必要以上に厳しい親ではありません。入院する前から自分で体調がおかしいかもと感じていたことはあったんです。そのときに早く相談すれば、すぐに助けてくれたはずです。それを理解させるための処置でもあったと思います。
幸い大学卒業後は希望していた職につくことができたため、数年かかりましたが親への借金は返し終わりました。

現代では借金に対する意識が変わってきている

現代の日本では、昔に比べて借金についての危険性が認識されづらくなっています。
昭和の時代、借金といえば非常に慎重に行われるもので、借金をすることは「自身で生活を組み立てられない人間」ということで、借金という行為自体が恥であると考える風潮もあったほどで、借金はどうにもならなくなった時の最終手段というべきものだったのです。

しかし、現代ではテレビで連日大手消費者金融による借金のCMが流され、インターネット上にも街角にも、目に付く至る所に借金を推奨するような広告が張り出され、身近な物という認識になってきています。
CM内容も若者向けに軽く明るい感じに作られているので、「ちょっとお金に困ったら借金を」なんていう雰囲気を作り上げています。
これでは、借金が持つ危険性というのを全くアピールできていませんし、より借金をする人が増えてしまいます。
消費者金融的には良いのかもしれませんが、利用する側からすれば、その危険性を知らされないまま利用するという恐ろしい事態になるのです。

借金は、ちゃんと限度をわきまえて利用出来れば確かに便利なものです。
しかし、その限度を超えてしまった時、その後の人生を大きく左右することになる諸刃の剣であることは心に留めておかなければなりません。

女性で借金返済に困っているなら任意整理がお勧めです

結婚前に借金を抱えていて、借金返済できない場合、なかなか将来の配偶者や親御さんには真実を打ち明け辛いですよね。
また借金の事実が明るみに出ると、折角盛り上がっていた結婚話も破談になる可能性が高いので、是非債務整理をしておく事をお勧めします。
最近は女性でもショッピングの浪費やパチンコなどのギャンブルで借金を抱えている人が多く、結婚前に自己破産するのは恥ずかしいという人もいるでしょう。
そんな不安を持つ女性でも周囲の家族や知人に知られずに借金整理ができるのは、任意整理という方法です。
任意整理なら、自己破産や個人再生のように自分の所有財産を手放さず、基本的に弁護士の事務手続きと債権者との書面での交渉で借金解決できるので、勤務先の会社にもバレる事もありません。
また債務整理の中でも任意整理の弁護士費用は安い部類に入り、整理したい借入業者だけをピックアップできるので、1社2社だけの場合は費用も抑えられます。
そして任意整理の場合は、殆ど利息をカットした減額が見込めるので、今の手取り収入で十分残債務を3年以内に弁済していける範囲になります。
任意整理が適用できるのは、定期収入を得ている人なら裁判所を通さずに手続きでき、弁護士に書類作成や債権者との交渉もまるまる代行して貰えます。
もし女性で結婚前に借金が致命傷になる恐れがある人は、躊躇せず弁護士事務所の無料相談を活用して任意整理の問い合わせをしてみましょう。

専業主婦が借金するなら無理のない範囲で返済可能なカードローンはお勧め!

専業主婦は基本的に主人の代わりに家計を管理する主とも言えるので、家族や知人の冠婚葬祭や疾病治療など急な出費があった場合は、支給されている給料だけでは生活費が足りなくなる時もあります。
専業主婦が借金を抱える事=キャッシングするというのは総量規制という貸金業法の規則で原則として禁じられていますが、銀行カードローンを展開している一部の金融機関では、臨時に30万円程度まで貸し出しを行っている所もあります。
その場合は、配偶者に安定収入がある事が条件とされていて、所定の融資審査を受ける事も必要です。
銀行カードローンを利用するメリットの1つに挙げられるのは、やはり消費者金融や信販会社で借金するより金利が抑えられるという事です。
また大手銀行ブランドのカードローンを契約すれば、借入返済時においても、最寄りの銀行やコンビニATMでも手数料無料で取引でき、余計なコストが掛からないのは助かる部分でしょう。
最近は銀行カードローンでも月々の返済額を4,5千円程度から設定できるようになっているので、専業主婦の人でも生活費の遣り繰りにそんなに苦心せずに完済できるよう配慮されています。
特に専業主婦なら、ある程度自分に自由なお金が欲しいと感じる人も多いでしょうから、そんな時は迷わず銀行カードローンを利用して少し借金するのも悪い事ではありません。
もし思ったように自由になるお金がないと感じる専業主婦がいるなら、少額キャッシングも可能な銀行カードローンを一度検討してみましょう。